緊急事態宣言が解除され、通常の生活が戻ると信じていました。
とても甘い考えでした。
アフターコロナ、この影響でお客さんの足が、お店に向きません。
そのために、ママが断腸の思いで出勤制限をかけてしまいました。
多少お仕事があるものの、収入は激減。
大学生活を中止せざるを得ないのか?
大ピンチを迎えてしまった私でした。

 

 友人の安寿紗から、耳より情報をキャッチしました。
リモートパパ活!
ネット上でオンライン飲みをする。
これだけで収入になると言うのです。
オンラインキャバとは違って、儲けはすべて自分のもの。
パパ活アプリを使うことを勧められました。
そして見事に、定期の2人の男性と継続した関係を作れました。
とても大きな金額を出してくれる男性たち。
順調に、収入を増やしていけていました。

 

 ワクワクメールの中でも飲みに発展しました。
運送会社を経営している渕脇さん。
感染症のために会社の経営が悪くなるわけでもなく、逆にかなり忙しくて、大変だと話していた人です。
順調なお酒で、ついにアマゾンギフト券で2万円を支払って貰うことにも成功しました。
ちょっと残念なことは、継続にはならなかったことです。
それでも支援して貰えて、とても嬉しい気持ちを味わってしまいました。

 

 渡貫さんと新発田さんと定期飲みをして、1ヶ月が経過。
ピンチの時に助けてくれる人たちからの合計支援が20万円以上。
自分でも目を疑ってしまいました。
オンラインで、お酒を飲むだけ。
たったこれだけのことで、これだけの収入。
間違いなく大学生活は続けられます。
まだまだ アフターコロナは続きます。
2人の男性は、継続を希望してくれています。
私の大学生活、本当に救われたと思っています。
もちろんもっと男性を増やして収入を沢山得たいと思って活動中です。
オンラインパパ活は、今とても有効な手段だと言えると思います。

定番アプリ女性は完全無料

お金恵んでくれる人を探すなら迷わずコレ!