PCMAXで知り合ったディレクターの渡貫さんとパトロン関係を作った直後のことでした。
大学の友人、安寿紗からの連絡が入りました。
「パパ活アプリ、使ってみた?」
「うん、PCMAXの方でパパ発見だよ!都度4万の支払いで飲み友になったの」
「凄い!、そんな大きな金額?ラッキーだね」
「うん、安寿紗の使っているアプリは優秀だよ。もっと無償でお金くれる人を探さないと。大学生活続けられなくなっちゃうからね」
「うん、蛍瑠は男性ウケいいからさ、もっとステキな出会いが転がっているはずだよ」
彼女の言葉には、納得するものがありました。
優秀なアプリです。
リモートパパ活には最適なのです。
多くのユーザーがいるのですから、リッチな男性たちもいる。
だから、より良い出会いには、期待するばかりでした。

 

 Jメールの中でも、やりとりに成功しました。
57歳の医院長をやっている新発田さんです。
お金を恵んでくれる人としてますます期待が持てる出会いでした。
「キャバ嬢なら、お酒のお付き合いも上手でしょう。ぜひ相手にして貰えないかな?」
穏やかな口ぶりでした。
オンラインのサシ飲み相手を探していた新発田さんとも、無料通話アプリを利用してお酒をすることになっていきました。

 

 内科出身の医院長だからか、ディレクターさんとは正反対の印象。
とにかく穏やか。
それで落ち着いている。
この手のタイプも、もちろんですがお店にはやってきます。
交流には、戸惑うことはありません。
今回も笑顔を忘れずに。
相手の気分を良くすることに集中していきました。

 

 収入の話になるのですが、鉄板の回答をしていきました。
仕事が激減。
大学が続けられるかもどうか分らない。
とてもピンチな状況を、不安な表情で話していきました。
新発田さんも、私を助けたい気持ちを持ってくれたようです。
「お酒に付き合ってくれる毎に、5万円を支払ってあげても良いよ。飲み友みたいな形になってくれるかい?」
「はい、喜んで。お願いします」
すんなりと、お金を恵んでくれるパパになって貰うことに成功してしまったのです。
またまた大きな収入。
大学継続の夢は確実に実現できそうな雰囲気でした。

定番アプリ女性は完全無料

お金恵んでくれる人を探すなら迷わずコレ!